そんなワキガで大丈夫か? 
そんなワキガで大丈夫か? 
ホーム > FX 指値注文 > FX 指値注文

FX 指値注文

スプレッドが小さいほど顧客には有利となります。反対に、スプレッドが大きいと顧客にとって不利になります。例えば、次のレートでドル紙幣を買う場合を想定してみましょう。ドル紙幣をA業者から105円で買った人は、それを100円で買い戻してもらえます。

為替相場の動きに一喜一憂することなく、安心して証拠金取引を行うことができます。さて、条件注文の基本になるのが「FX指値注文」です。これはドル=122円になったらドルを売るIドル=117円になったらドルを買う」というように、自分の選んだレートになったら売買を行う注文方法です。

移動平均線の位置からトレントを読みとこう移動平均線の動きでトレントを把握できる。移動平均線は、トレントを把握するもつともシンプルな指標といえます。たとえば、ローソク足の上を移動平均線が推移している場合は下降トレントの可能性が高いといえます。

マーケットの予測をするのに似ているのではないか?今後のドル/円がどう動くのかを予測するにも、いくつかの経済環境、需給動向、投資家の思惑など、自分で入手し得るいくつかの情報をトータルで考え、分析し、ドル高に進むのか、それともドル安になる。