そんなワキガで大丈夫か? 
そんなワキガで大丈夫か? 
ホーム > 現金化 > 換金率や還元率が高い場合の問題

換金率や還元率が高い場合の問題

クレジットカードの現金化をする上でまず気になるのは換金率でしょう。 

どのくらいの相場なのか理解しておく必要がありますが、基本的には80%だと思っていてください。

理由は様々ですが、基本的にキャッシュバック方式の場合、クレジットカード手数料が2%~5%かかるので、90%を超えるのは無理だとわかります。

また、買取方式だったら、利益がでるのに2割の手数料がないと厳しいでしょう。

しかし、色々な業者を見ると還元率95%以上といったようなことを謳っているクレジットカードの現金化の業者もあります。

 

還元率もしくは換金率が95%以上とみると確かに現金が多く手に入るので食いつきやすいですが、きちんと還元率や換金率のことを理解していれば、どう考えても不可能ということに気付くはずです。

業者としてももちろん利益を生まないといけないので、こういった利益がなくなるようなことはしません。そうなると、後に何かしらのトラブルが起こる可能性もなくはないのであまりこういった業者はオススメしません。

 

では、より多くの還元率、換金率にするにはどうすればいいのかというと、自分で商品を購入して自分で買い取ってもらうということをすればいいでしょう。事前にどういった商品が人気なのか、どういった商品が高く買い取ってもらえるのかということを調べた上でやると、意外と高い換金率になることがあります。

 

ただこの方法は当たりもあればはずれもあります。相当な目利きが必要だということは知っておきましょう。

クレジットカードのショッピング枠を換金!